カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2018年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

母退院

 今日、予定通り2週間で母が退院した。特別養護老人ホームの職員2人が迎えに来てくれた。
 大部屋に移ってから付き添いはいらなくなったが、妻が毎日昼食だけ、食べさせにいっていた。

by ryouei-sakai | 2018-06-28 14:24 | 家庭 | Comments(0)

経済建設常任委員会

 今日は経済建設常任委員会。6月議会で委員会付託の議案について審議。
 農業用ビニールハウス倒壊についての補助についていくつか質問した。
 三条市において今冬ビニールハウスは44件倒壊し、この補助金の説明会には16名が出席した。
 補助金を申請したのは2名のみ。私の友人であるメーデー前農業委員は大きなハウス4棟が倒壊し、この補助金申請の1人。
 常任委員会後は協議会が開かれ、栄工業流通団地の進捗状況について説明があった。
 「中央幹線排水路と砂川排水路の工事はどうするのか」「Bブロックにおける調整池が狭いのではないのか」と質問。
 朝食は昨夜買ってきた「天ぷらのボロ」。ご飯にかけて醤油をたらして食べると「具のなくなった天丼」を食べているようだ。子供の頃、母がよく買ってきて食べたので大好物。新しいときは「パリポリ」としたかみ心地が良く、しけてくるともっちりとしてこれまたおいしい。1パック20円と超経済的。
f0059331_11540630.jpg

by ryouei-sakai | 2018-06-27 11:54 | 議会活動 | Comments(0)

アメシロの防除

 アメシロは毎年何度も駆除しているがまた発生している。
 昨日の朝は、一般質問の準備で早朝に起きたが、風がないので5時過ぎからアメシロの防除をした。
 宅地内の梅、柿、栗、プラム、桜、桑など広葉樹の葉が食べられている。
 ついでに近所の3軒の庭、畑にも防除をしてあげた。20㍑を2回散布。
       庭先にキジの夫婦
f0059331_20074657.jpg

by ryouei-sakai | 2018-06-26 19:59 | 家庭 | Comments(0)

一般質問

 一般質問は昨日の3番手で午後おこなった。
 1回目の質問は次の通り。再質問をしたが、なかなか良い答弁はいただけない。市民の声を市政に反映させるために今後も努力していきたい。

1、 農業施策について



担い手対策

政府は5年後の2023年までに、担い手へ全農地面積の80%を集積する方針です。

農地中間管理機構を中心に、担い手への農地の集積がすすめられており、現在、全国で55.2%の集積率です。三条市は61.9%と集積は進んでいるようですが、課題は離農者の農地を耕作してくれる担い手の確保です。

 今や、農業従事者の平均年齢は66歳に達しています。農水省の統計では、昨年2017年の基幹的農業従事者は、65歳から69歳までが24.7%、70歳から74歳までは13.9%、75歳以上は27.7%です。基幹的農業従事者は65歳以上が66.3%です。3人に2人が65歳以上ということです。

60歳から64歳までが12.6%ですので、定年後の世代60歳以上が78.9%も占めています。

厳しい農業情勢のもとで、若い就農者が少なく、年金世代の高齢者がふんばっているのが現状だと思います。

農地中間管理事業の推進に関する法律の規定に基づき、農用地等借り受け希望者募集の結果を公表しています。担い手の応募者リストには三条市で300名近くの農業者が登載され、希望する農地は890ヘクタールもあります。しかし、リストに載っている農業者が応募どおりの農地面積を耕作してくれるかは疑問です。

 名簿には知人も数十名登載されていますが年齢を考えると離農者の農地を、耕作してくれる担い手は半分いるかどうかです。三条市は担い手の現状をどのように認識されているのかお伺いいたします。

 日本の食糧自給率は生産額ベースでは68%ですが、カロリーベースで38%しかありません。将来の日本の食料生産を考えた場合、なんとしても農業の担い手として、若い後継者を育てていくことが求められており、急がなければならない課題です。

 若い農業者を支援するために、国の制度として農業次世代人材投資事業があります。次世代を担う農業者となることを志向する者に対し、就農前の研修を後押しする準備型と、就農直後の経営確立を支援する経営開始型があります。

 研修期間中の準備型は年間150万円の給付で最長2年間の支援です。三条市はこの制度に年間90万円を上乗せ給付の支援をしています。しかし、この三条市の支援制度は県外の先進農家において研修し、修了後は下田地域での就農が条件です。

 気候条件や地理的条件の異なる地域よりも、似た条件の県内地域において研修する青年を支援する必要があると考えます。親元就農も含め、三条近郷での研修も対象にするべきと考えますが、いかがでしょうか。

 また、独立し自営就農の経営開始型は5年間の支援があり、初年度は150万円、その後は経営実績により給付額が変わります。この経営開始型の国の制度に対し三条市は上乗せの助成をしていません。

経営を始めたばかりの新規就農者の初期投資に対する負担を軽減するため、収入が安定するまでの間、運転資金の助成をする制度が必要と思います。三条市独自の就農初期段階運転資金支援制度を創設し就農青年を支援することが求められていると思います。お伺いいたします。



土地改良区の水利施設について

初期生育の遅れが心配された水田の稲も青みを増してきました。この稲作を支えているのは、土地改良区が維持管理している水利施設です。

多くの圃場では揚水機場からの送水によって水管理が行なわれています。しかし、この揚水機場は建物もポンプも耐用年数を超え老朽化しています。機械も故障しがちで、運転員も引き受け手を探すのに苦労しているのが現状です。

この揚水機が作動しなければ、その地域の圃場には水が送れず、稲作ができません。揚水機の入れ替えにはポンプ17,000万円から8,000万円もかかります。分解修理でも1600万円から800万円の費用負担です。

 揚水機の入れ替えや修理費用の負担は土地改良区ですから、農家は維持管理費として負担しなければなりません。

 現在の揚水機場は加圧式ですが、新しく整備している圃場は自然圧の方式が主流になっているということです。将来的には、電気料も安く、自然環境にも良い自然圧の揚水機場に代えていくことが求められていると思います。

次世代の農業者に、良好な営農条件や農地の水利施設等、働きやすい農業環境を整備していかなければなりません。

 耐用年数が過ぎている揚水機場の修理、更新や、圃場整備も含め、三条市として、土地改良区が管理している水利施設への支援を検討していくことが求められていると思います。いかがお考えでしょうか。



2、 小規模事業者施設等整備補助金制度の創設を

好景気といわれていますが、地方の小規模事業者の多くは厳しい経営を余儀なくされています。三条市の商店も工場も、閉店、減少が続いています。

三条市中心部の商店街は人通りが減り、かつてのにぎわいがありません。魅力ある商店づくりを支援するため、店舗のリニューアルに対し助成制度を創設すべきと考えます。

群馬県高崎市は6年前に「まちなかリニューアル助成事業補助金」を創設し、今年度の予算は3億円です。店舗の改装や店舗で使用する備品を購入する場合に費用の2分の1、最大100万円を助成するものです。小売、宿泊、飲食、生活関連サービスなど幅広い業種が対象です。ただし、改装工事の発注先や備品の購入先は市内業者に限られています。

その助成制度を一度利用した商店主でも、今年からは再度利用できるようになったということです。「個店を支援することで、商店街の活性化を図る」ことを狙いとしたリニューアル助成は創設当初から爆発的な人気を呼び、受け付け開始と同時に申込が殺到したということです。

制度創設から5年で市が助成したのは約174,000万円で、総工事費は備品代も含め、約404,000万円で、助成額の2.4倍の経済効果を発揮しています。利用者からは「気持ちも店も明るくなった。」、「商売を後押しする制度」と、喜びの声が上がっていると言います。

 岐阜県川辺町は今年4月から店舗、工場等の新築、改修等を支援する「小規模事業者施設等整備補助金」を創設し、施行しています。

 対象となるのは30万円以上の工事で、小規模事業者が町内の業者に依頼し、店舗、事務所、工場などの新築、増築、改築、修繕をおこなった場合、その一部を補助するというものです。

 助成額の上限は、新規創業が100万円で工事費の3分の2まで。既存の事業所は50万円で工事費の2分の1までという制度です。

 対象となる工事は、新築、増築工事一式工事の他、外壁・内壁の張り替え、補強、建具・サッシの取り替え、トイレ、台所、風呂の改修などです。

また、イス、テーブル、ショーケースや工事に伴い必要となる家具、電化製品なども対象としています。

 川辺町は「中小業者の減少が止まらない。このまま業者を減少させていいのか。」ということから、この店舗・工場への改修補助を創設したということです。

 三条市も、商店や工場が減少を続けているもとで、小規模事業者の事業存続の意欲を喚起するため、ぜひ施設等整備補助金制度を創設すべきと考えます。お尋ねいたします。



3、 しらさぎ荘への坂道に安全対策を

日帰り温泉施設しらさぎ荘は昨年4月に指定管理者が代わり、利用者は増加していると

いうことです。これからもしらさぎ荘利用により、地域間の交流が促進するよう期待しています。

 ただ、しらさぎ荘への車の乗り入れは、カーブした坂道を登らなければならず、たいへん危険です。特に冬場の雪道、帰りの下りカーブは転落する危険があります。

カーブした坂道には、安全対策としてガードレールを設置する必要があると考えます。いかがでしょうか。



4、 避難所の見直しについて

梅雨時を迎え、これから豪雨の心配がある時期です。また、先日も大阪北部で大きな地震がありました。三条市は災害に備え避難所を指定していますが、避難場所について検討する必要があると考えます。

栄地域では、第1次、第2次の避難所を3カ所指定しています。山手の吉野屋には吉野屋断層と呼ばれる段丘面が認められ、これら丘陵地帯では古い大規模な地滑り地形が数多く確認されています。  

北潟から見附市にかけての山沿いには大龍(おおたつま)断層が走っています。大面地区の山手で災害が発生した時、避難所の大面小学校に急いで行くにはお年寄りは困難です。大面地区の山手には鉄筋コンクリートの元大潟保育所があり、避難しやすく強固なこの施設を避難所に指定すべきと考えます。

万一の災害に備え、避難所の施設を再検討する必要があると考えますがいかがでしょうか。



by ryouei-sakai | 2018-06-26 19:51 | 議会活動 | Comments(0)

梅もぎ

 宅地内にある梅の木は2本に減ったが、梅干し用には充分。
 1本の木は数年前まではかなり採れたが強すぎた剪定と、隣のキウイフルーツのつるがからんでこともあり収量は激減した。今年は15㎏ほど採れたので回復しつつある。
 もう1本の木は肌はきれいだが収量が少ない。梅酒用に使うことに。
f0059331_18230442.jpg

by ryouei-sakai | 2018-06-23 18:16 | 家庭 | Comments(0)
 8月に広島・長崎で開かれる核兵器廃絶を求める世界大会に向けて、日本中で平和行進がおこなわれている。
 行進団は今日夕方、加茂市から三条市に入り、市役所前で引き継ぎ集会。
 その後、市長部局と正副議長への要請行動。市長は不在だったが、正副議長は議長室で応対してくれ署名にも応じてくれた。
 阿部議長は保守的な方だが人間的に好かれる方だ。今朝は飯前仕事で田圃の溝切りを2ヘクタールもしてきたそうだ。それも歩行型というから恐れ入る。私は先日、常用型で1.7ヘクタールの田圃に溝を切るのに3時間もかかっている。阿部議長から気さくに行進団の方々に話しかけていただいた。
      市役所前で引き継ぎ集会
f0059331_20512208.jpg

by ryouei-sakai | 2018-06-22 20:51 | 党・後援会等 | Comments(0)

6月議会

 昨日から6月の定例会が始まった。7月3日までの15日間である。
 今日は大綱質疑。明日から一般質問。
 私の一般質問は週明けの25日。

by ryouei-sakai | 2018-06-20 12:01 | 議会活動 | Comments(0)

田圃の溝切り

 田圃の溝切りをした。常用型の溝切機なので持ち運びは重いが、水田の中は機械にまたがって乗っているだけなので楽になった。
 乗用型で少し乾かした田圃で溝切をしたとき、泥の中に沈み込み、苦労をしたことがあった。今は田圃を少し乾かした後に、水を入れて溝切りをする。スイスイと前進をするので仕事もはかどる。1.7㌶をノンストップで3時間ほどで終了。
 隣の田圃で、歩行用溝切機を使っていが、重労働である。

by ryouei-sakai | 2018-06-20 11:59 | 農業・仕事 | Comments(0)

栄書道協会役員に出席

栄書道協会役員会か土曜日に開かれた。
母の病院での付き添いは弟に代わってもらい出席。会議は終わり懇親会も1時間以上経過してから到着。
日曜日の朝は早くから田んぼの畦道の草刈りで半日。
昼は新潟市の姉や妻が付き添い。昨夜はまた私が宿泊。
今朝の検診にお医者さんが来られたので、「付き添いはそろそろいいのではないか」と尋ねると、看護師と相談するとのこと。
明日から始まる6月議会の一般質問を準備しながら、慣れないスマホでブログを。
f0059331_14293091.jpg

by ryouei-sakai | 2018-06-18 07:57 | 書道 | Comments(0)

母の看病(付き添い

施設から連絡があり母の容態がよくないので救急車を呼ぶという。出先から急いでかけつけたが救急車はなかなか発車しない。受け入れてくれる病院に入ったのは一時間半後。病院で医師の説明を受けた後、入院。
看護師から付き添うようにとの指示。夜と翌日の会合をキャンセルし、病院に泊まることにし、昼は妻に代わってもらうことに。
病室は個室しか空いておらず、母の隣で簡易ベッドで就寝。バス、トイレつきの20畳程の広い部屋なのでホテル気分で熟睡。母もよく寝ている。
病室でテレビを見ながらスマホで投稿。
by ryouei-sakai | 2018-06-16 07:35 | Comments(0)