のら猫のえさも必要経費

 のら猫のえさも必要経費になるとは思ってもみなかった。昨日の税金勉強会で「農舎のネズミを捕る野良猫へのえさも必要経費になると税務署員が言っていた。」とのこと。
 なるほど、その通り。
 我が家には、18歳以上の猫を屋外で飼っている。猫の寝床は農舎なのでネズミの心配はない。
 昔からホームセンターで「猫の餌」を飼って、玄関前にえさを皿に入れて出しておいた。真冬でも雪をかきわけ食べに来ていた。
 ここ数年、老猫なのでえさも高いものとなり、その「カリカリ」も歯が悪いのか食べなくなり、「魚の缶詰」しか食べなくなってきていた。
 一ヶ月ほど前、小ヘビを捕って玄関前に置き、私たちを驚かせたが、その老猫が2日ほど前から来なくなった。人間にすればすでに100歳以上?、亡くなったのだろうか。
 今晩はがれき対策で町内会の総会。
Commented at 2013-02-06 10:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ryouei-sakai at 2013-02-13 10:46
 番犬は農舎の農産物以外に家庭の財産も守る役目があると思われますので適当な割合で按分したらいいと思います。
 猫は自宅に入れずに農舎のネズミ捕りが専門であれば全額経費でいいと思います。我が家は農舎で飼っており自宅には入れませんでした。
Commented by ノリ at 2013-02-28 21:27 x
やはり按分が無難ですね。犬は柴犬で適当に吠えてくれてますし、猫を飼ったせいか農舎の鼠がめっきり少なくなった気がします。
by ryouei-sakai | 2012-11-09 19:08 | 家庭 | Comments(3)